ロゴ

葬儀社との相談も大切~オプションやサポートについても確認しよう~

選択の幅が広がっている

昔は一般葬を選ぶ方がほとんどでしたが、最近では葬儀の種類も増えてきました。身内だけがいいというような希望も叶えられるので、まずはどのような葬儀があるか調べてみましょう。

選ばれている葬儀の種類

花
no.1

一般葬

やはり、昔からある一般葬を選ぶ方がほとんどです。親族や友人、職場の方など、大勢の方で執り行われることが特徴です。

no.2

家族葬

家族や親しい方だけでやってほしいと希望する方も多いため、家族葬を選択する方もたくさんいます。少人数なので、故人をゆっくりと見送ることができます。

no.3

火葬式

火葬式は、お通夜や告別式をしないというスタイルの葬儀です。家族だけで火葬を行なうという点が、ほかの葬儀との大きな違いです。

葬儀社を探そう

葬儀を行なうために、まずは依頼する葬儀社を探しましょう。知り合いから葬儀社を紹介してもらったり、最近ではネットを利用して探す方も増えてきています。

葬儀社を紹介してもらう場合と専門サイトを利用する場合の違い

紹介してもらう

親せきや知り合いから葬儀社を紹介してもらう人も多くいます。実際の対応についても確認できるので、安心して依頼できるでしょう。

紹介サイトを利用する

一度に数社を比較することができるため、業者選びの時間を短縮することができます。プランの比較もしやすいというメリットもあります。

最適な葬儀プランを選ぶために特徴を理解しておこう

合掌

生前に相談しておくことも大切

もし葬儀に関して希望があるなら、早いうちから家族に伝えておくようにしましょう。家族だけでやってほしい、自宅での葬儀がいいなど、人によって希望も様々です。早めに伝えておくことで、家族とゆっくり相談することができます。また、葬儀社選びだけではなく仏壇なども希望があれば事前に伝えておくことが大切です。生前に家族と一緒に仏壇を見に行くことで価格も知ることができますし、家族の家計に無理をさせることもないようにすることができます。

葬儀

葬儀社によってプランも様々

葬儀社の多くが、葬儀の種類に合わせてプランを設定しています。生花や参列者への会葬品の用意など、オプション込みのプランも多いので、事前に確認しておきましょう。葬儀社によってオプションが違うので、葬儀社を選ぶ際の基準の一つに入れておくと良いでしょう。

数珠

オプションの内容

葬儀の際、故人のお気に入りの洋服を着せたい、綺麗にメイクしてあげたいなどの要望が出てくることもあるでしょう。それらを叶えてくれるオプションも用意されています。もしオプションにない場合でも、対応してもらえるケースもあるので、直接葬儀社に問い合わせてみてください。

葬儀

葬儀にかかる費用の目安

葬儀社によっても差がありますが、火葬式の場合は20万円前後、家族葬の場合は50~60万円、一般葬の場合は90~100万円だと言われています。相場の金額と照らし合わせて、プランや葬儀社を選ぶと良いでしょう。

[PR]
葬儀は横浜の専門会社に頼もう
故人との別れをプロがサポート

葬儀に関する疑問を解決しよう

葬式

祭壇にたくさんお花を飾ることもできますか?

葬儀社によって対応できるところもあります。オプションとなるので、費用のことも併せて葬儀社に問い合わせてみてください。

自宅での葬儀は可能ですか?

自宅葬も可能です。たくさんの思い出が詰まっている自宅で葬儀をしてほしいと希望する方も多く、葬儀社も自宅葬に対応したプランを用意しているところがほとんどなので、安心して依頼できます。

なるべく費用を抑えたいのですが…

費用を抑えたい場合は、家族だけで執り行われる火葬式を選択すると良いでしょう。お通夜・告別式を行わないので、その分費用を抑えることができます。

どうやって葬儀社を選べばいいですか?

どの葬儀社に依頼するか迷った場合は、専門の紹介サイトも参考にすると良いでしょう。対応エリアやプラン内容などを一度に比較できるので、依頼したい葬儀社が見つかりやすくなります。

[PR]
大阪で好評な葬儀会社
低価格で利用できるプランが満載☆

[PR]
川越で葬儀を進めよう
評判の高い会社の情報を大公開♪

[PR]
埼玉で好評な葬儀会社
プラン価格が良心的

[PR]
ふじみ野にある葬儀会社を紹介
故人との別れを円滑に進めよう